今日はいつもの配達に加えてある楽しいイベントがありました。

料理を勉強中の友達が月に2.3回(かな?)のペースでミニ料理教室を開いているんですが、今回はやさいのえんの野菜を使ったコラボ企画でした。その野菜の中にはもちろん鈴木農園野菜も含まれてます。



その友達とは半年前くらいから「料理と農家のイベント」を何かしたいね〜って話をしていて、その半年間毎週のように野菜買ってくれてた。ホントありがたやです。

その半年間、料理教室用の野菜も買ってくれていたんだけど、ある時から「この農家から買うスタイルも参加者さんと楽しみたいね」って話をするようになって、ついにそれの第一回が今日できたわけであります。



お巡りさんに怒られないかビクビクしながら、家路につくサラリーマンの行き交う路上に野菜をバン!と広げて参加者さんを待つ。。自販機の灯り様様です。
image


時間になってポツポツと参加者さん達が野菜を見にいらしたんですが、その皆さんが皆さんとも目をキラキラ輝かせて野菜を選んでくれていました!

質問もたっくさんいただいて、野菜にとても興味を持ってる事、野菜が大好きな事がビンビン伝わってきて僕も終始興奮気味でした(笑)普段販売していてここまで野菜の細かな部分まで興味を持っている方に出会わないので、新鮮だったのと、細かいところまで解説できるように知識増やさなきゃな…と思い直しました。



調理のところも覗かせていただいたのですが、、、皆さんの野菜への興味が止まらないようで、料理そっちのけで野菜トークを繰り広げる面白い料理教室となっていました(笑)
あ、でもみんなで作りながら味見しながら解説入れながら、皆さんいろんな発見されていた様子で、フリーだけどとても濃い時間となっていたようですよ。
食べるところまで参加したかったのですが、今回は先にサヨナラしました。




インターネットを開けば誰でも美味しい料理が作れる便利な時代。お料理教室は巷に溢れて大流行り。

味付け方法や調理手順を学ぶのもアリだと思いますが、素材の育った場所を身近に感じて素材に興味を持つ体験ってのもアリ!アリ!!そうすれば素材を大切にしたいって気持ちが沸くし、素材の味を知りたいって思えるんじゃないかなぁ。もし自分の子どもがいるなら、好き嫌いがあっても上手く伝えられるんじゃないかなぁ。それが美味しい素材ならなおさら。野菜嫌いをなくすのは美味しいドレッシングじゃありません(笑)。・・・とか、いろいろ考えちゃうような楽しい企画でした。

参加者の皆さん、ゆうこ、楽しい時間をありがと〜ね。



また次回があればブログでもお知らせしたいなぁと思います。その時はぜひとも〜
image

image

image

image




12/7(日)イベント出店「箱市、蚤の市」@ピュスラ